困難な自由 : ユダヤ教についての試論

エマニュエル・レヴィナス 著 ; 内田樹 訳

第二次世界大戦直後、東欧のユダヤ人社会がほぼ全滅し、西欧のユダヤ人たちが自失状態にあり、「ユダヤ人であること」に積極的な理由を見出しえずにいたまさにその時に、今ここでユダヤ人であることの意味とは何か?という問いに、正面から答えようとした論考である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 悲愴の彼方
  • 第2部 注解
  • 第3部 論争
  • 第4部 開放
  • 第5部 大いなる賭け
  • 第6部 隔絶
  • 第7部 この場所で、今
  • 第8部 署名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 困難な自由 : ユダヤ教についての試論
著作者等 Lévinas, Emmanuel
内田 樹
L'evinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ コンナンナ ジユウ : ユダヤキョウ ニ ツイテ ノ シロン
書名別名 Difficile liberte

Konnanna jiyu
出版元 国文社
刊行年月 2008.9
ページ数 392p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7720-0524-1
NCID BA87416690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21560029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想