消費者行動論体系

田中洋 著

消費者行動論が幅広いdisciplineからできていることを示すために、伝統的な消費者行動論ではあまり触れられてこなかった概念領域もカバーすることを試みている。基本的に依拠した理論は多くが心理学から由来したものである。この意味で本書は米国の消費者心理学をベースにした消費者行動論の本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費者行動とは何か
  • 第2章 欲求と動機
  • 第3章 購買と交換
  • 第4章 意思決定と選択
  • 第5章 態度と説得
  • 第6章 知覚と記憶
  • 第7章 知識と認知
  • 第8章 感情と気分
  • 第9章 コミュニケーションとブランド
  • 第10章 社会と人間
  • 終章 マーケティング戦略への架橋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者行動論体系
著作者等 田中 洋
書名ヨミ ショウヒシャ コウドウロン タイケイ
書名別名 Consumer behavior social psychological approach
出版元 中央経済社
刊行年月 2008.9
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-66230-0
NCID BA87407496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想