日本の美、浮世絵はどこからきたか

上河滉 著

観て、感じる浮世絵の本質、日本人の心。江戸庶民の感性に育てられ、海向こうにまで多大な影響を与えた浮世絵。その源流を探索し、みえてきたものとは…?鑑賞者としての自由な視点から、縦横無尽に論じた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 山から浮世絵国へ
  • 第1章 浮世絵国ひと巡り
  • 第2章 海を渡った浮世絵
  • 第3章 浮世絵の源流を訪ねる
  • 第4章 明るい浮世絵版画-その多面性
  • 補遺 心に残る浮世絵

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の美、浮世絵はどこからきたか
著作者等 上河 滉
書名ヨミ ニホン ノ ビ ウキヨエ ワ ドコ カラ キタカ
書名別名 Nihon no bi ukiyoe wa doko kara kitaka
出版元 文芸社
刊行年月 2008.9
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-286-04722-5
NCID BA87393926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21473062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想