真理の場所/真理の名前

エティエンヌ・バリバール 著 ; 堅田研一, 澤里岳史 訳

ホッブズとスピノザの政治哲学、さらにカンギレム、バシュラールらの科学哲学の成果を踏まえ、イデオロギーを非真理として排除してきた従来の真理概念を再考し、真理と非真理の共存を可能にする「真理のデモクラシー主義」を構想するバリバールの思索の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 真理の制定-ホッブズとスピノザ
  • 第2章 真理の場所/真理の名前
  • 第3章 切断と改鋳-イデオロギーにおける諸科学の真理効果
  • 第4章 真なるもののうちにある?-ジョルジュ・カンギレムの哲学における科学と真理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真理の場所/真理の名前
著作者等 Balibar, Etienne
堅田 研一
沢里 岳史
バリバール エティエンヌ
書名ヨミ シンリ ノ バショ シンリ ノ ナマエ
書名別名 Lieux et noms de la verite

Shinri no basho shinri no namae
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 899
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.10
ページ数 194, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00899-3
NCID BA87388937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21511511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想