アリの生態ふしぎの見聞録 : 60年の研究が解き明かすアリの素顔

久保田政雄 著

アリの祖先はどこから来たの?アリにはいったいどのくらい種類がいるの?働きものの代名詞のようなアリだけど、必要なとき以外は働かないって本当?アリの魅力にとりつかれ、日本はもちろん海外へも調査の足をのばしてきた筆者がざっくばらんに語った、ありとあらゆるアリの話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アリの観察とルーツを捜して60年
  • 第2章 アリも人間の働き者にはかなわない
  • 第3章 「ジャングル」の常識は通用しない
  • 第4章 怖いアリ、愉快なアリ、痛いアリ
  • 第5章 アリの這い入る隙間もない
  • 第6章 アリをペットとして飼育する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アリの生態ふしぎの見聞録 : 60年の研究が解き明かすアリの素顔
著作者等 久保田 政雄
書名ヨミ アリ ノ セイタイ フシギ ノ ケンブンロク : 60ネン ノ ケンキュウ ガ トキアカス アリ ノ スガオ
書名別名 ありとあらゆるアリの話

Ari no seitai fushigi no kenbunroku
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2008.10
ページ数 238p 図版8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-3639-4
NCID BA8736257X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想