強い円は日本の国益

榊原英資 著

天然資源はますます希少化し、工業製品との価値が逆転する。円高政策に転換しなければ、日本は生き残れない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 どうして、今、円高政策なのか
  • 第1章 二一世紀の世界経済
  • 第2章 一ドル三六〇円から七九円へ
  • 第3章 日本の製造業の成熟
  • 第4章 ドルとユーロ-ドル安は続くのか
  • 第5章 円安バブルの形成と崩壊
  • 第6章 アジアの世紀は来るのか
  • 第7章 構造改革と円高政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強い円は日本の国益
著作者等 榊原 英資
書名ヨミ ツヨイ エン ワ ニホン ノ コクエキ
書名別名 Tsuyoi en wa nihon no kokueki
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2008.9
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-39500-4
NCID BA87362161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21480280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想