ニーズ中心の福祉社会へ : 当事者主権の次世代福祉戦略

上野千鶴子, 中西正司 編

「当事者になる」ことは、みずからニーズの主体となり、社会がそれを満たす責任を要求するクレイム申し立て活動と不可分である。いまだ存在していないニーズを生成し、顕在化させるプロセスは、どういう社会がのぞましいか、という社会構想力をともなう創造的な過程である。それには、規範的、政治的な選択が関わってくる。「ニーズ中心」という本書の立場は、そのための理論的基礎を提供することを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 理念(当事者とは誰か?-ニーズ中心の福祉社会のために)
  • ニーズとサービス(ケアサービスのシステムと当事者主権
  • 高齢者のニーズ生成のプロセス-介護保険サービス利用者の語りから
  • ニーズはなぜ潜在化するのか-高齢者虐待問題と増大する「息子」加害者)
  • 事業(福祉多元社会における協セクターの役割
  • 福祉事業における非営利・協同セクターの実践-生活クラブ生協千葉の事例から)
  • 制度(三つの福祉政府体系と当事者主権
  • これからの社会保障政策と障害福祉-高齢者ケアとの統合を含む社会サービスの可能性を視野に)
  • アクション(楽観してよいはずだ
  • 当事者主権の福祉戦略-ユーザユニオンの結成へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーズ中心の福祉社会へ : 当事者主権の次世代福祉戦略
著作者等 上野 千鶴子
中西 正司
大沢 真理
広井 良典
春日 キスヨ
池田 徹
立岩 真也
笹谷 春美
齋藤 曉子
書名ヨミ ニーズ チュウシン ノ フクシ シャカイ エ : トウジシャ シュケン ノ ジセダイ フクシ センリャク
シリーズ名 シリーズケアをひらく
出版元 医学書院
刊行年月 2008.10
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-00643-9
NCID BA87331758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21589351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想