柳生陰陽剣

荒山徹 著

慶長十一年、死の床にあった柳生石舟斎が言い遺した言葉。それは、枕頭に侍っていた新陰流の達人にして、陰陽道の術客でもある柳生友景に、朝鮮妖術師との新たな死闘を覚悟させた。古代よりの怨讐をこえて魔界の王を味方にし、魑魅魍魎をも従えた友景は、後水尾帝の陰陽頭となり、この国を陰謀に陥れようとする者どもと対峙する。痛快無比、奇想天外の歴史大活劇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳生陰陽剣
著作者等 荒山 徹
書名ヨミ ヤギュウ オンミョウケン
書名別名 柳生雨月抄
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.10
ページ数 493p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-121042-1
NCID BA87322134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想