赤まんま : 慶次郎縁側日記

北原亞以子 著

不治の病に逝った幼な馴染みの霊前で、誓いを立てた簪を独り見つめる材木問屋の心のうちも、容色盛んな若後家がなお胸に秘める亡くした夫との思い出も、秋風にひっそり揺れる赤まんまの花しか知らない。折檻、密通、盗癖だと町の騒ぎをはやす輩も、心のわるさに弄ばれ道を外した人々の苦い涙に気付かない。ゆえに仏の慶次郎は、苛む心の苦しみと忍ぶ心の悲しみに、今日も静かに耳をすます。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤まんま : 慶次郎縁側日記
著作者等 北原 亜以子
書名ヨミ アカマンマ : ケイジロウ エンガワ ニッキ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.10
ページ数 289p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-141422-5
NCID BA87321947
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
一つ奥 北原 亜以子
三日の桜 北原 亜以子
北原 亜以子
夏過ぎて 北原 亜以子
捨てどころ 北原 亜以子
北原 亜以子
赤まんま 北原 亜以子
酔いどれ 北原 亜以子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想