北里柴三郎 : 熱と誠があれば

福田眞人 著

この本は、明治から昭和時代にかけて活躍した医学者北里柴三郎の生涯を俯瞰しようとする試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北里柴三郎の全体像の俯瞰
  • 出生から上京まで
  • 大学入学とそこでの教育
  • 内務省衛生局就職へ
  • ドイツ留学へ
  • 帰国と伝染病研究所創立へ
  • 香港でのペスト菌発見
  • 北里の私生活
  • 北里人脈の形成-野口英世・志賀潔・秦佐八郎
  • コッホの来日
  • 伝染病研究所移管と北里研究所創立
  • 医学界の動き
  • 幕引き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北里柴三郎 : 熱と誠があれば
著作者等 福田 真人
書名ヨミ キタザト シバサブロウ : ネツ ト マコト ガ アレバ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.10
ページ数 355, 12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04981-3
NCID BA87305077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21497892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想