自殺の社会学

マリア・ヤロシュ 著 ; 石川晃弘, 石垣尚志, 小熊信 訳

自殺を指標として社会状態を解明した社会診断の書。日本社会の現状診断に意義ある視点を示唆。日本が直面している高齢者問題に通底する画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自殺観の時代差と地域差
  • 2 自殺の社会学的理論
  • 3 ポーランドにおける自殺の頻度・傾向・地域分布
  • 4 自殺者の年齢別・性別・既未婚別特徴
  • 5 自殺の職業別分布
  • 6 閉鎖的環境下の自殺:軍隊と監獄
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自殺の社会学
著作者等 Jarosz, Maria
小熊 信
石垣 尚志
石川 晃弘
ヤロシュ マリア
書名ヨミ ジサツ ノ シャカイガク : ポーランド シャカイ ノ ヘンドウ ト ビョウリ
書名別名 Samobojstwa

ポーランド社会の変動と病理
出版元 学文社
刊行年月 2008.9
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7620-1867-1
NCID BA87303275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21488054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想