清水正・ドストエフスキー論全集  3 (ドストエフスキー『罪と罰』の世界)

清水正 著

謎解きを超えた『罪と罰』論の決定版。今ここに、清水正のドストエフスキー論の真実が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(精神の空白性
  • 精神の跛行と十牛図
  • 初期作品と十牛図
  • 百尺竿頭からの最初の投身
  • 犯行後の軌跡 ほか)
  • 第2部(ルージンをめぐって
  • ラズーミヒン論-ぶりっこ仮面の"好青年"
  • 『罪と罰』の女性をめぐって
  • 秘教術的「数」の象徴と円環する時間
  • 踏み越えの時と場所 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清水正・ドストエフスキー論全集
著作者等 清水 正
書名ヨミ シミズ マサシ ドストエフスキーロン ゼンシュウ
書名別名 ドストエフスキー『罪と罰』の世界

Shimizu masashi dosutoefusukiron zenshu
シリーズ名 罪と罰
巻冊次 3 (ドストエフスキー『罪と罰』の世界)
出版元 D文学研究会 : 星雲社
刊行年月 2008.9
ページ数 535p
大きさ 22cm
付随資料 16p.
ISBN 978-4-434-12258-3
NCID BA8729161X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21494989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想