デットマール・クラマー : 日本サッカー改革論

中条一雄 著

歓喜のメキシコ五輪銅メダルから、40年。そこには、日本サッカーを「本当に」変革した、一人のドイツ人の存在があった。初来日から48年にもわたる圧倒的な取材を元に描いた、これが本当の「クラマーの教え」だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クラマーさんとの出会い-1960年
  • 目覚めへの旅-1960年
  • 日本に来るまで-1925年‐1960年
  • ヤマト魂はどうした-1960年‐1961年
  • 13カ月間の指導-1961年‐1962年
  • 長沼‐岡野コンビの誕生-1962年
  • 東京オリンピック前年-1963年
  • 東京オリンピックの年-1964年前半
  • 東京オリンピック-1964年後半
  • 愛弟子ベッケンバウアー-1964年‐1965年
  • 西ドイツ代表とともに-1965年‐1967年
  • 世界と日本を回る-1965年‐1967年
  • メキシコ・オリンピック-1968年
  • 世界を駆けめぐる-1968年‐1974年
  • 日本の長い停滞の始まり-1969年
  • 名門、強豪のクラブの監督-1974年‐1985年
  • 韓国、中国での指導-1987年‐2002年
  • 2008年、クラマーさんは-2005年‐2008年
  • 功績は永遠に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デットマール・クラマー : 日本サッカー改革論
著作者等 中条 一雄
書名ヨミ デットマール クラマー : ニホン サッカー カイカクロン
出版元 ベースボール・マガジン社
刊行年月 2008.8
ページ数 307p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-583-10116-3
NCID BA87283032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21470830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想