知識・技能が身につく実践・高齢者介護  第4巻

大井川 裕代【編集代表】

[目次]

  • 序章 ケアミックスの状況下における専門職の連携について
  • 第1章 介護職の担う医療行為の解釈と対応について
  • 第2章 医師からみた医療と介護の連携・調整の課題
  • 第3章 看護師からみた介護との連携・調整の課題-通所ケアにおける実際から
  • 第4章 医療ソーシャルワーカーから連携・調整を考える
  • 第5章 施設における医療と介護の連携とケアの視点-介護職が中心で展開した認知症棟でのユニットケアの実践から見えたこと
  • 第6章 介護における基本姿勢-利用者本位・利用者主体
  • 第7章 個人とチームに求められる状況判断とチームアプローチ
  • 第8章 専門職間の合意形成の蓄積が共通原則・共通目的に繋がる-ファシリテーションスキルの活用の実際から
  • 第9章 介護殺人事件報道から見えてくる課題-専門職に求められる視点と行動
  • 終章 今、求められるケア-個を尊重するケア実践を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識・技能が身につく実践・高齢者介護
著作者等 大井川 裕代
書名ヨミ チシキ ギノウ ガ ミニツク ジッセン コウレイシャ カイゴ
書名別名 医療と介護の連携・調整

Chishiki gino ga minitsuku jissen koreisha kaigo
巻冊次 第4巻
出版元 ぎょうせい
刊行年月 2008.9
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-324-08410-6
NCID BA87266099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想