分子エレクトロニクスの話

齋藤軍治 編著

エレクトロニクスの世界は今、無機デバイスを有機化合物や分子性物質で置き換え、新たな電子素子(=分子エレクトロニクス)を創造する時代へ。先端科学技術をやさしく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 多彩な分子エレクトロニクスの世界(分子エレクトロニクスとは
  • 様々なデバイス
  • 紀農材料開発と基礎学問
  • 勇気半導体の展開)
  • 2章 分子エレクトロニクスの基礎(有機半導体・導電体・超伝導体
  • 有機強誘電体)
  • 3章 分子で電気を貯める(有機導電体コンデンサ
  • ポリマー二次電池)
  • 4章 分子でエネルギーを変換し制御する(有機FET
  • 色素増感太陽電池)
  • 5章 分子エレクトロニクスの展開(注目の単分子素子
  • カーボン機能材料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子エレクトロニクスの話
著作者等 斎藤 軍治
齋藤 軍治
書名ヨミ ブンシ エレクトロニクス ノ ハナシ
書名別名 Bunshi erekutoronikusu no hanashi
出版元 ケイ・ディー・ネオブック : 化学同人
刊行年月 2008.9
ページ数 118p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-0344-0
NCID BA87258272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21487775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想