人々の資源論 : 開発と環境の統合に向けて

佐藤仁 編著

[目次]

  • 第1部 資源の見方(「人々の資源論」前史-日本の資源政策と「総合」
  • 森が資源となるいくつかのみち-中国の歴史という事例から
  • 人々が資源になるとき-タイ北部における「参加型開発」の地域性と歴史性)
  • 第2部 資源の争われ方(銅のそばに暮らす人々-コッパーベルトに見る「資源の呪い」
  • 森は誰のものか-インドネシアの森林資源管理をめぐる政治過程
  • くり返される水争い-タイ北部に見る環境変動の実態と認識の乖離
  • 国家に見捨てられた資源-日本石炭産業に見る「資源」と「地域」の特徴性)
  • 第3部 資源のつながり方(資源開発に流れる私たちのお金-ビルマの2007年9月事件と「制裁」
  • 森に「網」が打たれる-技術と制度がたぐり寄せる屋久島の天然資源
  • 資源開発と合意形成-人々がつながる資源管理へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人々の資源論 : 開発と環境の統合に向けて
著作者等 佐藤 仁
書名ヨミ ヒトビト ノ シゲンロン : カイハツ ト カンキョウ ノ トウゴウ ニ ムケテ
書名別名 Hitobito no shigenron
出版元 明石書店
刊行年月 2008.9
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-2847-8
NCID BA8723589X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21551944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想