社会科学者のための進化ゲーム理論 : 基礎から応用まで

大浦宏邦 著

ひとびとが他人の真似をしたり試行錯誤したりするときに、社会は全体としてどのように変化していくのか。メイナード=スミス以来、生物学の領域から発展してきた進化ゲーム理論の中級テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 進化ゲーム理論とは何か
  • 第2章 ダイナミクスの基礎
  • 第3章 レプリケーターダイナミクス
  • 第4章 学習ダイナミクス
  • 第5章 非対称ゲームのダイナミクス
  • 第6章 進化ゲーム理論のフロンティア
  • 第7章 数学的な補足

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学者のための進化ゲーム理論 : 基礎から応用まで
著作者等 大浦 宏邦
書名ヨミ シャカイ カガクシャ ノ タメ ノ シンカ ゲーム リロン : キソ カラ オウヨウ マデ
書名別名 Evolutionary game theory for social scientist
出版元 勁草書房
刊行年月 2008.9
ページ数 361p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60213-1
NCID BA87232698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21497240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想