司法の崩壊 : 前法務副大臣が明かす : 新任弁護士の大量発生が日本を蝕む

河井克行 著

とんでもないことが法曹界で起きている。法曹人口の粗製濫造-「法科大学院」と「年間3000人増員計画」により大混乱する日本の司法に物申す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の「司法」がおかしくなっている
  • 第1部 無用な法曹人口「年間三〇〇〇人増員計画」に物申す!(「弁護士過剰・裁判多発社会」が到来しようとしている
  • 法曹人口「年間三〇〇〇人増員計画」の真相)
  • 第2部 法科大学院-不要な弁護士の「大量生産工場」を検証する(法曹界にも「ゆとり教育」が導入されていた!
  • 法科大学院の「構造的欠陥」を検証する
  • 「法科大学院」によって混乱する法曹界)
  • 第3部 どうする!どうなる!!日本の司法(「速い・安い・うまい」の司法サービスが必要だ
  • 法曹曹界の使命をどう見直すべきか
  • 「真の改革」実現のための三つの提言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 司法の崩壊 : 前法務副大臣が明かす : 新任弁護士の大量発生が日本を蝕む
著作者等 河井 克行
書名ヨミ シホウ ノ ホウカイ : ゼン ホウム フクダイジン ガ アカス : シンニン ベンゴシ ノ タイリョウ ハッセイ ガ ニホン オ ムシバム
書名別名 Shiho no hokai
出版元 PHP研究所
刊行年月 2008.10
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-70313-8
NCID BA87230295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21495670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想