検証格差拡大社会

上村敏之, 田中宏樹 編

機会の不平等、ワーキング・プアの増大、将来に対する不安…努力すれば報われるという希望が持てなくなり、多くの人が苛立っている今日の日本。気鋭の執筆陣が問題点と解決策を多角的視点から探る総合的な格差社会論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ格差問題が政治の争点になったのか
  • 第2章 所得格差の是正は必要か-若年世代を中心に
  • 第3章 社会保障制度と世代間・世代内格差
  • 第4章 出生率の地域間格差にいかに対応すべきか-少子化対策に見落とされている視点
  • 第5章 地方財政格差-格差論を超えた分権改革の推進を
  • 第6章 「夕張ショック」は何をもたらしたか-自治体の信用力格差と地方財政健全化の行方
  • 第7章 地域間経済格差
  • 第8章 新しい金融システムが遭遇する格差-護送船団から離脱した地域金融機関の再生と再編
  • 第9章 教育の格差が日本の社会構造を変える
  • 第10章 国民生活にかかわる安全や安心の格差-信なくば立たず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証格差拡大社会
著作者等 上村 敏之
中里 透
中野 英夫
加藤 久和
大塚 耕平
川崎 一泰
曽根 泰教
田中 宏樹
矢尾板 俊平
鷲見 英司
書名ヨミ ケンショウ カクサ カクダイ シャカイ
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2008.9
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35321-6
NCID BA87222923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21489322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想