平家物語の死生学  上巻

佐伯雅子 著

平氏の栄華と没落の様子をドラマチックに描いた平家物語。多くの人びとに感動的に読まれ、語り継がれてきた。過酷な状況の中で登場人物たちは、自らの「死のプロセス」をどのようにとらえ、向き合っていったのか。物語を読み解きながら、その死生観にせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 俊寛-絶望のプロセス(鬼界が島
  • 有王との再会
  • 俊寛の死)
  • 2 重盛-その死の「受容」(清盛と重盛
  • 重盛の死)
  • 3 清盛-入道死去
  • 4 木曾義仲-死と名誉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語の死生学
著作者等 佐伯 雅子
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ ノ シセイガク
シリーズ名 平家物語
新典社新書
巻冊次 上巻
出版元 新典社
刊行年月 2008.8
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6116-7
NCID BA87209266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468961
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想