歴史的現実と西田哲学 : 絶対的論理主義とは何か

板橋勇仁 著

我々が生まれ・働き・死にゆく歴史的現実の世界とは、"形作られて形作ること"において成立する、自由即必然の「自然法爾」の世界にほかならない-弁証法の論理から「矛盾的自己同一」の論理へと転回し、田邊元・戸坂潤の批判と対決しつつ「絶対的論理主義」の立場へと成熟してゆく、西田後期の歩みを綿密に跡づける。前著『西田哲学の論理と方法』とともに、西田哲学の全体像を新たな視点から彫琢・照射する渾身の力篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 後期西田哲学に問うべきこと
  • 第1章 行為的直観と絶対弁証法の論理-『哲学の根本問題 続編』から『哲学論文集第一』まで(歴史的現実の論理への問い
  • 行為的直観と永遠の今の自己限定-「非連続の連続」と否定性 ほか)
  • 第2章 生命の自証と生命の論理-『哲学論文集第二』(田邊元による方法論的な再批判
  • 戸坂潤による方法論的な再批判 ほか)
  • 第3章 自覚的直観と矛盾的自己同一の論理-『哲学論文集第三』以降(田邊元の方法論的な批判への再評価
  • 戸坂潤の方法論的な批判への再評価 ほか)
  • 終章 西田哲学の論理と方法-徹底的批評主義から絶対的論理主義へ(徹底的批評主義
  • 絶対的論理主義-後期西田哲学の論理と方法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史的現実と西田哲学 : 絶対的論理主義とは何か
著作者等 板橋 勇仁
書名ヨミ レキシテキ ゲンジツ ト ニシダ テツガク : ゼッタイテキ ロンリ シュギ トワ ナニカ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.8
ページ数 367, 6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-15052-4
NCID BA87207158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想