アジアの土壌汚染

畑明郎, 田倉直彦 編

経済成長が著しい中国では、金属鉱山・製錬所や化学工場の排水による水質汚濁、土壌汚染、農作物汚染が深刻化しており、各地に「がんの村」が発生している。韓国や台湾でも土壌・地下水汚染が発生し、土壌汚染防止法が制定されている。本書では、中国広東省と湖南省、韓国、台湾、日本の現地調査にみる土壌汚染問題の現状を分析しつつ、その解決策を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中国の土壌汚染の現状
  • 中国広東省の土壌汚染
  • 中国広東省の「がんの村」涼橋村
  • 中国広東省「がんの村」上〓(く)村
  • 中国湖南省の土壌汚染
  • 中国湖南省・洞庭湖の水質汚染
  • 中国と日本の土壌汚染対策の比較
  • 中国の土壌汚染対策への提言
  • 韓国の土壌汚染
  • 台湾の土壌汚染-台南市安順工場における土壌・水質汚染
  • 日本の土壌汚染
  • 東京・築地市場移転先の東京ガス豊洲工場跡地の土壌汚染
  • 四日市の廃棄物問題と土壌汚染

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの土壌汚染
著作者等 田倉 直彦
畑 明郎
書名ヨミ アジア ノ ドジョウ オセン
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.9
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1356-2
NCID BA87193075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21527721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想