イメージ・スキーマに基づく格パターン構文 : 日本語の構文モデルとして

伊藤健人 著

[目次]

  • 第1部 従来の構文モデル-その可能性と限界(序論
  • 構文文法の概要:Goldberg(1995)を中心に
  • Goldberg(1995)の構文モデルの可能性と限界)
  • 第2部 新たな構文モデル-イメージ・スキーマに基づく格パターン構文(構文の形式と意味、及び、構文の意味拡張
  • 構文の意味を動機付けるもの:イメージ・スキーマ
  • 日本語の構文:イメージ・スキーマと格パターンの統合体
  • 格助詞と構文)
  • まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イメージ・スキーマに基づく格パターン構文 : 日本語の構文モデルとして
著作者等 伊藤 健人
書名ヨミ イメージ スキーマ ニ モトズク カク パターン コウブン : ニホンゴ ノ コウブン モデル ト シテ
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編 第64巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2008.9
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-381-4
NCID BA87191717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21523005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想