日本と中国 : 相互誤解の構造

王敏 著

中国文化に学び、輸入した漢字に国字、平仮名・片仮名まで加えて表現の幅を広げた日本。日本製品を使い、マンガ、アニメに親しんで、「萌え」「かわいい」を輸入する中国。両国の交流は進み、相互理解は深まっているように見えるが、「同文同種」の底にあるのは実は相互誤解ではないのか。季語・季題、四字熟語、謝罪会見、熟年離婚-。両国の言葉と文化の類似性と独自性を歴史的に検証し、相互理解への道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢字と国字-「漢字文化」体験から教えられるもの(漢字を楽しむ文化
  • 「同文同種」の疑問
  • 国字を創らせた日本文化の独自性
  • 戦前の中国人留学生と翻訳革命
  • 「仮名」文化と漢字文化
  • 「詫び」「寂び」にぴったりの外国語は
  • 一輪挿しの啓発)
  • 第2章 謝罪もマニュアル必要-「寛容文化」体験から教えられるもの(犯人に「ありがとう」と感謝した警察側
  • 何を詫びるかが問題)
  • 第3章 「話せばわかる」のか-表現形式から教えられるもの(大事なことほど以心伝心ですます文化
  • おとなしい修飾表現の日本語
  • 日本語と中国語を比べれば
  • 憤りも悲しみも喜びも無言)
  • 第4章 言葉にも季節がある-自然体験から教えられるもの(季語との出会い
  • 自然への気配り
  • 季節の習慣化と魯迅の手紙
  • 古代にさかのぼるほど、中国でも「季語」意識
  • 自然に求める生命観・感性が本性の日本文化)
  • 第5章 未完成の課題-日本研究の先駆者に教えられるもの(中国人先駆者の提言
  • 代表的な三つの模索)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本と中国 : 相互誤解の構造
著作者等 王 敏
書名ヨミ ニホン ト チュウゴク : ソウゴ ゴカイ ノ コウゾウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.9
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101966-0
NCID BA87180244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21506937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想