トヨティズムを生きる : 名古屋発カルチュラル・スタディーズ

鶴本花織, 西山哲郎, 松宮朝 編

「カイゼン」「ジャスト・イン・タイム」で世界を席巻する「トヨティズム」とはなにか。われわれの生活をグローバル規模で編成・支配しつつあるトヨタ方式の実態を文化研究のフィールドから解明するとともに、地域社会にヘゲモニーを確立することで栄える日本型ネオリベラリズムに対抗する途を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに カルチュラル・スタディーズからトヨティズムを考える意味について
  • 1 トヨティズムの労働空間
  • 2 トヨティズムの生活圏
  • 3 労働の変容/労働者の変容
  • 4 市民による文化ムーヴメント
  • むすび 名古屋発カルチュラル・スタディーズ-トヨティズムを生きるということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トヨティズムを生きる : 名古屋発カルチュラル・スタディーズ
著作者等 松宮 朝
西山 哲郎
鶴本 花織
書名ヨミ トヨティズム オ イキル : ナゴヤ ハツ カルチュラル スタディーズ
書名別名 Toyotizumu o ikiru
出版元 せりか書房
刊行年月 2008.9
ページ数 194, 7p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7967-0284-3
NCID BA87173442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21481506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想