源氏物語

大野晋 著

五四巻の物語が巻数順に執筆されていないことは、何を意味するか。本書は、原作のほのかな言葉遣いから主題の展開をつかみ、『源氏物語』の成立過程、明瞭な構造を明らかにする。また、紫式部の恋愛と失意を歌集・日記から読み取り、創作との関連を鋭く見抜いて物語の奥深い世界に新たな光を当てる。この源氏理解は、読者の共鳴を呼び起こすものであろう。源氏物語千年紀に刊行する画期的源氏論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-何を読むか
  • 2 まずは平安時代の婚姻について
  • 3 桐壷巻の位置-物語の設定
  • 4 桐壷巻と帚木巻は連続しない
  • 5 a系の物語
  • 6 b系の物語
  • 7 紫式部の生活
  • 8 cの物語
  • 9 dの物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語
著作者等 大野 晋
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ
書名別名 Genji monogatari
シリーズ名 源氏物語 学術
岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.9
ページ数 421p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600197-1
NCID BA87164510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想