在宅での看取りと緩和ケア

佐藤 智【編集代表】;鈴木 荘一;村松 静子【編集委員】;平原 佐斗司【編集幹事】

在宅死の意義とケアのあり方を問う。住み慣れた空間での看取りの意義、看護の役割、連携のあり方、がん以外の疾患、緩和ホスピスケア、スピリチュアルケア-多様な視点から具体的な方法を提言するシリーズ第3巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 在宅での看取りと緩和ケアの方向性(在宅での看取りの意味
  • 在宅での看取りにおける看護の役割
  • ホスピス‐家庭医‐専門医のトライアングル
  • 緩和ケアの世界的動向と日本における課題-英国と比較して
  • 在宅医からみた看取りと在宅ホスピス・緩和ケアの現状と課題
  • 非がん疾患へのホスピス・緩和ケアをめぐる課題
  • 在宅医療と死生観
  • 看取りを通じた地域づくり)
  • 第2部 在宅での看取りと緩和ケアの実際(がんの在宅ホスピスケアの諸相
  • がん患者の在宅医療におけるがん診療連携拠点病院の役割
  • 在宅療養支援診療所における緩和ケア
  • 地域に開かれたホスピスケア
  • NPO(市民活動)による在宅緩和ケア-緩和デイケア・相談活動をはじめとした取り組み
  • 居住系施設における看取り
  • スピリチュアルケア
  • 家族ケア
  • 終末期における意思決定の支援
  • 医療経済学からみた終末期医療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅での看取りと緩和ケア
著作者等 平原 佐斗司
村松 静子
鈴木 荘一
佐藤 智
書名ヨミ ザイタクデノミトリトカンワケア
シリーズ名 明日の在宅医療 第3巻
出版元 中央法規出版
刊行年月 2008.9.15
ページ数 346p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8058-3053-6
NCID BA87163846
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想