芭蕉 : 俳聖の実像を探る

田中善信 著

後世の人びとに「俳聖」と呼ばれ、神とまであがめられた俳人、松尾芭蕉。実際には、どのような生涯を送ってきたのだろうか。出生から少年期の環境、そして、晩年の芭蕉が到達した価値観と、その形成に大きな影響を与えた人物との出会いに至るまで、作品だけではなかなか伝わらない「人間芭蕉」の素顔を探りだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 故郷在住時代(生家を考える
  • 武家奉公
  • 俳諧とかかわる)
  • 2 日本橋在住時代(芭蕉と小沢家
  • 俳諧師桃青
  • 挫折)
  • 3 晩年の生き方(仏頂との出合い
  • 無一物の生涯
  • 宗教に対する懐疑
  • 状況の急変)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉 : 俳聖の実像を探る
著作者等 田中 善信
書名ヨミ バショウ : ハイセイ ノ ジツゾウ オ サグル
シリーズ名 新典社新書
出版元 新典社
刊行年月 2008.8
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6118-1
NCID BA87162581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想