在宅医療の展望

佐藤 智【編集代表】;大島 伸一;高久 史麿;山口 昇【編集委員】;島崎 謙治;和田 忠志【編集幹事】

今、なぜ在宅医療なのか。これまでの歩み、先駆的な取組み、患者・国民の願い、医療政策の流れ-時代が在宅医療を求める理由と、期待される将来像を示すシリーズ第1巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 在宅医療の理念とコンセプト(対談 在宅医療の理念と将来展望
  • 在宅医療とは何か
  • 在宅医療と政策-構造・理念・課題
  • 在宅医療における看護の役割と課題
  • 今、なぜ在宅医療なのか-日本の医療をめぐる基本問題と在宅医療
  • 在宅医療における人間理解
  • 文化としての医療と在宅医療
  • 在宅医療と地域包括ケアの展開-公立みつぎ総合病院の実践
  • 西陣住民とともに歩む堀川病院の在宅医療
  • 柳原病院を中心にした地域医療の模索)
  • 第2部 国民や患者から見た在宅医療(国民は在宅医療に何を求めているか
  • 患者中心の医療と在宅医療
  • 認知症の人と家族の立場からみた在宅ケア)
  • 第3部 在宅医療の将来像と政策(日本の医学・医療制度が抱える課題と在宅医療
  • 医療政策の展望と在宅医療
  • 在宅医療の医療政策上の位置づけと展開
  • 在宅医療と医療・介護制度
  • 医療計画と在宅医療
  • 諸外国の在宅医療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅医療の展望
著作者等 和田 忠志
大島 伸一
山口 昇
島崎 謙治
高久 史麿
佐藤 智
書名ヨミ ザイタクイリョウノテンボウ
シリーズ名 明日の在宅医療 第1巻
出版元 中央法規出版
刊行年月 2008.9.1
ページ数 464p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8058-3051-2
NCID BA87161829
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想