消費者信用の経済学

ジュゼッペ・ベルトーラ, リチャード・ディズニー, チャールズ・グラント 編 ; 江夏健一, 坂野友昭 監訳

情報の経済学、行動経済学などの先端成果を駆使して分析。企業や生産者でなく家計に焦点を当て、過重債務、個人破産、カウンセリング、信用情報機関など、政策論議に必要不可欠なテーマを実証的・理論的にレビュー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 消費者信用の需要と供給に関する経済学
  • 第2章 米国およびヨーロッパにおける消費者信用市場
  • 第3章 家計債務の需要と供給に関する国際比較
  • 第4章 規制、フォーマルおよびインフォーマルな契約履行の強制力と家計向けローン市場の発展:イタリアからの教訓
  • 第5章 住宅資産と金融債務の累積:英国家計からの証拠
  • 第6章 クレジットカード:理論と実際
  • 第7章 破産と消費者行動:理論と米国における証拠
  • 第8章 米国におけるクレジットカウンセリング産業の発展
  • 第9章 米国における消費者信用報告の発展と規制
  • 第10章 信用情報共有の役割と効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者信用の経済学
著作者等 Bertola, Giuseppe
Disney, Richard
Grant, Charles
Grant, Charles Benedict
坂野 友昭
江夏 健一
Grant Charles
グラント チャールズ
ディズニー リチャード
ベルトーラ ジュゼッペ
書名ヨミ ショウヒシャ シンヨウ ノ ケイザイガク
書名別名 The economics of consumer credit

Shohisha shin'yo no keizaigaku
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2008.9
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-65419-4
NCID BA87137540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21480133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想