水と夢 : 物質的想像力試論

ガストン・バシュラール 著 ; 及川馥 訳

生命の元素、"水"の詩学。かぎりなく流動と循環を繰り返し、海水にも淡水にも、泥にも乳にもなる水。この元素は人間を、ときに温かな母性の幸福へ、ときに冷たく孤独な死の危険へといざなう。詩句や神話に表現された水のイマージュへの「物質主義的」分析が、"新しい批評"の時代を予見させた記念碑的著作。詳細な註とともに、約40年ぶりの新訳でよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明るい水、春の水と流れる水-ナルシシスムの客観的条件、恋する水
  • 第2章 深い水‐眠る水‐死んだ水-エドガー・ポーの夢想における<重い水>
  • 第3章 カロン・コンプレックス-オフィーリア・コンプレックス
  • 第4章 複合的な水
  • 第5章 母性的水と女性的水
  • 第6章 純粋と浄化、水の倫理
  • 第7章 淡水の優位
  • 第8章 荒れる水
  • むすび 水のことば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水と夢 : 物質的想像力試論
著作者等 Bachelard, Gaston
及川 馥
バシュラール ガストン
書名ヨミ ミズ ト ユメ : ブッシツテキ ソウゾウリョク シロン
書名別名 L'eau et les reves
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 898
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.9
ページ数 363, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00898-6
NCID BA8713443X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21511506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想