歴史における「理論」と「現実」

仲正昌樹 編

西欧近代が生み出した「歴史」という概念は、ユートピア的な「理想」に向けての人類=人間性の普遍的な「進歩」を含意していた。進歩主義的な社会理論は、「歴史」の発展過程の中で、自らが掲げる人類共通の「理想」が現実化していくと信じることができた。カント、ヘーゲル、マルクスは、「歴史」の発展方向の法則を定式化する歴史哲学を、あらゆる哲学のメタ哲学として構築することを試みた。しかし、「歴史の終焉」と呼ばれる事態によって、「歴史」の物語性が顕わになり、普遍的な「進歩」を暗黙の前提にした社会理論を展開することが困難になっている。「歴史」の普遍性の揺らぎに伴って、歴史的に構成された「現実」の理解も多元化している。「進歩」をめぐる「大きな物語」が失効した後の社会理論の可能性について多角的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 左翼と進歩史観
  • "現実"を超える現実主義-古典的リアリストの冷戦批判
  • "物質"の叛乱のために-レーニンの唯物論と反映論
  • ヴェーバーとワイマール大統領制-人民投票的指導者民主制の理論
  • 一九世紀ドイツ憲法学における国家と公共
  • 公共圏の行方を巡って-コミュニケーション論からメディア論へ
  • デューイ教育哲学と現代
  • ベンサムの女性論
  • イデオロギーの「起源」とその現実的結果-アーレントのシオニズムイデオロギー批判に関する考察から
  • 笑うがいい、ここは一番美しい所なのに!-ディドロ『俳優についての逆説』における理論と現実
  • 「絶対的な事実」と「ことば」-保田/與重郎の芭蕉論を中心に
  • 大宅/壮一と小林/秀雄-批評の「起源」における複数的な可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史における「理論」と「現実」
著作者等 仲正 昌樹
大賀 哲
書名ヨミ レキシ ニ オケル リロン ト ゲンジツ
シリーズ名 叢書・アレテイア 10
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2008.8
ページ数 328p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-275-00585-4
NCID BA87129269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21484379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想