グローバル人的資源管理論 : 「規範的統合」と「制度的統合」による人材マネジメント

古沢昌之 著

本書の目的は、「現地適応-グローバル統合」論を鍵概念として、その構成要素を「規範的統合」と「制度的統合」に求めつつ、多国籍企業のイノベーションに結実する「グローバル人的資源管理」を理論的・実証的に研究することにある。(1)多数の文献、(2)アンケート調査による豊富なデータ、(3)日米11社におよぶ優良企業の事例比較を用いながら、研究者はもとより実務家にも役立つ示唆を抽出。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の目的・研究方法・構成
  • 第1章 国際経営における「現地適応」と「グローバル統合」
  • 第2章 多国籍企業における「調整メカニズム」
  • 第3章 「現地化問題」の再検討
  • 第4章 「規範的統合」と企業文化のマネジメント
  • 第5章 国際人的資源管理における「制度的統合」
  • 第6章 「グローバル人的資源管理」の実証分析
  • 第7章 「グローバル人的資源管理」の事例研究
  • 第8章 「グローバル人的資源管理」に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル人的資源管理論 : 「規範的統合」と「制度的統合」による人材マネジメント
著作者等 古沢 昌之
書名ヨミ グローバルジンテキ シゲン カンリロン : キハンテキ トウゴウ ト セイドテキ トウゴウ ニ ヨル ジンザイ マネジメント
書名別名 Global human resource manegement
シリーズ名 Hakuto management
出版元 白桃書房
刊行年月 2008.8
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-561-26487-3
NCID BA87124538
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想