脳卒中のリハビリテーション : 急性期から慢性期までの包括的アプローチ

Paul E.Kaplan, Rene Cailliet, Candia P.Kaplan 原著 ; 齋藤昭彦 訳

本書は脳卒中障害患者のリハビリテーションに不可欠であるマネジメント方略の基礎として、脳出血患者の評価に焦点を合わせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 臨床像(頭頂葉手
  • 前頭葉下肢
  • 視床反射亢進
  • 除皮質症状
  • 中枢神経系の後方循環障害)
  • 第2部 急性期リハビリテーションサービスの編成(発病前の生活習慣が及ぼす影響
  • 対応が必要な機能障害
  • 障害への適応
  • 合併症:再出血、水頭症、遅延性脳虚血
  • 脳卒中における神経心理学的要因)
  • 第3部 外来患者の治療(脳出血の筋骨格系徴候
  • 複合性局所疼痛症候群
  • 脳出血後の上肢の屈筋共同運動
  • 脳卒中の下肢
  • 脳出血に起因する筋骨格性疼痛
  • 隠された能力障害がある患者)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳卒中のリハビリテーション : 急性期から慢性期までの包括的アプローチ
著作者等 Cailliet, Rene
Cailliet, René
Kaplan, Candia P
Kaplan, Paul E
Kaplan, Paul E.
齋藤 昭彦
Kaplan Candia P.
書名ヨミ ノウソッチュウ ノ リハビリテーション : キュウセイキ カラ マンセイキ マデ ノ ホウカツテキ アプローチ
書名別名 Rehabilitation of stroke
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 2008.9
ページ数 185p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86034-858-8
NCID BA87117452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21478732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想