江戸歌舞伎の怪談と化け物

横山泰子 著

化け猫・妖狐・怨霊・妖怪-怖いけれど面白い娯楽の王様。宙乗り・水くぐり・早替りとさまざまな仕掛けを駆使して観客を恐怖と陶酔に誘う江戸歌舞伎大スペクタクルショーへの招待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 夏は水中早替り
  • 第2章 玉藻前は人気者
  • 第3章 バケネコ・ミステリー・ツアー
  • 第4章 おばけごっこは、みんな大好き!
  • 第5章 劇場を飛び出す歌舞伎役者
  • 第6章 フランケンシュタインとお岩、そしてその子どもたち
  • 第7章 「化ける女」に化けるのは男
  • 第8章 恋するオサカベ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸歌舞伎の怪談と化け物
著作者等 横山 泰子
書名ヨミ エド カブキ ノ カイダン ト バケモノ
シリーズ名 講談社選書メチエ 421
出版元 講談社
刊行年月 2008.9
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258421-0
NCID BA87093682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21489862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想