自己心理学  2

榎本博明, 岡田努, 下斗米淳 監修

自己という心理現象を絡めて。発達期待、アタッチメントなどの発達をとらえる枠組み、時間的展望、動機づけなどの発達の諸側面、乳幼児期から老年期に至る発達の諸相の3構造から最新の研究テーマをとりあげ、自己の発達と関連づける試み。生涯発達研究の個々のテーマを活性化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自己の発達をとらえる枠組み(発達期待と自己の社会化
  • アタッチメントからみた自己の発達
  • 自己の発達をもたらす遺伝要因
  • 自己物語から自己の発達をとらえる)
  • 第2部 自己の発達の諸側面(性役割意識と自己の発達
  • 時間的展望からみた自己の発達
  • キャリア意識と自己の発達
  • 動機づけから自己をとらえる-学ぶということの意味を通して)
  • 第3部 発達段階と自己の発達(乳幼児期における自己の発達
  • 児童期における自己の発達
  • 青年期における自己の発達
  • 成人期における自己の発達
  • 老年期における自己の発達)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己心理学
著作者等 下斗米 淳
岡田 努
榎本 博明
書名ヨミ ジコ シンリガク
書名別名 生涯発達心理学へのアプローチ

Jiko shinrigaku
巻冊次 2
出版元 金子書房
刊行年月 2008.9
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7608-9412-3
NCID BA87062452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21480130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想