投資信託税制の理論と課題

磯山淳 著

本書は投資信託税制について、ファンド段階で発生した信託収益に対する課税の繰り延べ問題に対処するために、信託収益を受け取る投資家に対する課税はいかにあるべきかを検討するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の投資信託の概要(投資信託の展望
  • 投資信託の定義と意義 ほか)
  • 第2章 投資信託の制度的発展経緯(証券投資信託の起源
  • 証券投資信託の発展 ほか)
  • 第3章 投資信託に係る税制改正の経緯と改正立法の趣旨(証券投資信託発足時の税制
  • 証券投資信託の利子並み課税 ほか)
  • 第4章 投資信託に係る課税関係の特徴(実質所得者課税の原則
  • 信託に係る収益帰属の考え方 ほか)
  • 第5章 望ましい投資信託税制のあり方(問題の所在
  • 投資信託のファンド段階課税のあり方に関する検討 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 投資信託税制の理論と課題
著作者等 磯山 淳
書名ヨミ トウシ シンタク ゼイセイ ノ リロン ト カダイ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2008.8
ページ数 179p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7710-1972-0
NCID BA87061165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21506270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想