なぜ人は美を求めるのか

小穴晶子 著

今求められる、心の豊かさのための"美"学。古今東西の思想と芸術を比較・検討し、"美とともに生きること"の意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本古代の「タマフリ(魂振り)」の思想-生命力の充溢としての美
  • 第2章 ギリシャの哲学-価値の学としての美学の起源
  • 第3章 中国の思想と東洋世界の美意識
  • 第4章 キリスト教-神への思いとしての美
  • 第5章 イスラム教-服従のアラベスクとしての美
  • 第6章 仏教思想と日本の美意識-滅びの真理としての美
  • 第7章 実存主義と解釈学-実存の出会いとしての芸術解釈

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ人は美を求めるのか
著作者等 小穴 晶子
書名ヨミ ナゼ ヒト ワ ビ オ モトメルノカ : イキカタ ト シテ ノ ビガク ニュウモン
書名別名 生き方としての美学入門
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2008.8
ページ数 234p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0261-3
NCID BA87057656
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21507019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想