乙女なげやり

三浦しをん 著

ひとはいつまで乙女を自称しても許されるものなのか。そんな疑問を胸に抱きつつも、「なげやり」にふさわしいのは、やっぱり乙女。熱愛する漫画の世界に耽溺し、ツボをはずさぬ映画を観ては、気の合う友と妄想世界を語り合う。気の合わない母との確執も弟とのバトルも、日常の愉楽。どんな悩みも爽快に忘れられる「人生相談」も収録して、威勢よく脱力できる、痛快ヘタレ日常エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 乙女寄り道(意志を鍛える
  • 立派な親不知も待機中 ほか)
  • 2章 乙女病みがち(ネズミとぼくらは友だちさ
  • なにしろ遠くて帰りに湯冷め ほか)
  • 3章 乙女たぎる血(なんで伸びたの?
  • つわものどもが旅路をかけめぐる ほか)
  • 4章 乙女総立ち(仲良きことは美しきかな
  • 新婚リサーチ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乙女なげやり
著作者等 三浦 しをん
書名ヨミ オトメ ナゲヤリ
書名別名 Otome nageyari
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.9
ページ数 285p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-116757-2
NCID BA87055526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21485206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想