中国静かなる革命 : 官製資本主義の終焉と民主化へのグランドビジョン

呉軍華 著

2022年へ準備はすでに始まっている。世界が認める超大国へ、持続的な経済成長を求め、中国共産党が選んだのは、自らの手で一党支配体制を離脱する道だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ポストオリンピックの中国経済
  • 第2章 中産階層の台頭と民主化からの逃避
  • 第3章 「中国崩壊論」の崩壊
  • 第4章 政治改革の遂行へ背水の陣
  • 第5章 経済成長が促す政治改革
  • 第6章 民主化へのグランドビジョン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国静かなる革命 : 官製資本主義の終焉と民主化へのグランドビジョン
著作者等 呉 軍華
書名ヨミ チュウゴク シズカナル カクメイ : カンセイ シホン シュギ ノ シュウエン ト ミンシュカ エ ノ グランド ビジョン
書名別名 China:the quiet revolution

Chugoku shizukanaru kakumei
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2008.8
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35318-6
NCID BA87041791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21473244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想