チンパンジーの社会

西田利貞 著

ヒトの親戚を観察し共通祖先の姿を探る。40年以上の長期にわたり野生チンパンジーの生態を見つづけてきた著者ならではの、平明で深い分析と貴重な写真が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、野生のチンパンジーを研究するのか-「共通祖先の復元」をめざして
  • 第2章 チンパンジーの集団について-集団内での関係、集団どうしの関係
  • 第3章 集団のリーダーについて-強さよりも「ハッタリ」が大事
  • 第4章 チンパンジーの一生-オスは出世競争、メスは年功序列
  • 第5章 一日の生活と性行動-食事と睡眠が中心の生活、交尾時間はわずか七秒
  • 第6章 チンパンジーの食生活-一日二回、集まらないけど同時に食事
  • 第7章 チンパンジーの文化-地域によって行動が違う
  • 第8章 「騙し」と「遊び」-詐欺も戦争も太古の昔から?
  • 第9章 チンパンジーの森と地球を守るために-持続可能な社会と地球人口問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チンパンジーの社会
著作者等 西田 利貞
書名ヨミ チンパンジー ノ シャカイ
シリーズ名 いのちの科学を語る 4
出版元 東方
刊行年月 2008.9
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86249-128-2
NCID BA87031856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想