19歳の君へ

日野原重明 編著

「人を殺す体験をしてみたかった」「自殺できなかったので、人を殺して刑務所に入ろうと思った」…自分のいのちも他人のいのちも、ここまで軽く、リアルな実感を失ってしまった時代。一方で終末期医療の現場では、目の前の患者のたった一つのいのちをいかに大切にするか、それに生涯を賭けている医療者たちがいる。死を待つほかない患者の前に日々立ち続ける医療者たちの語る言葉は、いのちの貴重さ、愛しさをあますところなく伝え、深く、重い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 いのちとは何か、学ぶとはどういうことか(日野原重明(聖路加国際病院理事長))
  • 第1講 ホスピスケアはなぜ必要なのか-総論(山崎章郎(ケアタウン小平クリニック院長))
  • 第2講 死生観を育む-生と死の哲学(アルフォンス・デーケン(上智大学名誉教授))
  • 第3講 人間として尊重する医療-ケアの倫理(石垣靖子(北海道医療大学大学院教授))
  • 第4講 ホスピス緩和ケアをどう支えるか-国の施策(紀伊國献三(笹川医学医療研究財団専務理事))
  • 第5講 在宅緩和ケア 実践と課題-在宅への転換(岡部健(岡部医院院長))
  • 第6講 地域全体で取り組む緩和ケア-地域の連携(木澤義之(筑波大学大学院講師))
  • 第7講 がん緩和ケア病棟の今-病院の試み(向山雄人(癌研有明病院緩和ケア科部長))
  • 第8講 いのちを大切にするということ-心をケアする(沼野尚美(六甲病院緩和ケア病棟チャプレン、カウンセラー))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 19歳の君へ
著作者等 Deeken, Alfons
山崎 章郎
日野原 重明
木澤 義之
沼野 尚美
眞嶋 朋子
石垣 靖子
紀伊国 献三
向山 雄人
岡部 健
書名ヨミ 19サイ ノ キミ エ : ヒト ガ イキ シヌ ト イウ コト
書名別名 人が生き、死ぬということ
出版元 春秋社
刊行年月 2008.8
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-36499-4
NCID BA87029774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21491174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想