台北歴史散歩 : 日本統治の足跡と近現代史を探る

邸景一, 荻野純一, 柳木昭信, 伊東ひさし 著

台湾を代表する台北は、台湾の近現代史の舞台でもある。清代後半から日本統治時代、蒋介石政権以降も含めた台湾の歴史を現存する建物などを通して紹介する「見る台湾史」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新荘・萬華・大稲〓(てい)
  • 第2章 台北中心部(中正区)
  • 第3章 台北駅周辺
  • 第4章 台北南部
  • 第5章 台北北部
  • 第6章 北投区
  • 第7章 旅の便利帳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 台北歴史散歩 : 日本統治の足跡と近現代史を探る
著作者等 伊東 ひさし
柳木 昭信
荻野 純一
邸 景一
旅名人編集室
書名ヨミ タイホク レキシ サンポ : ニホン トウチ ノ ソクセキ ト キンゲンダイシ オ サグル
シリーズ名 旅名人ブックス 110
出版元 日経BP : 日経BP出版センター
刊行年月 2008.7
ページ数 330p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86130-350-0
NCID BA87018042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21461243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想