吐カ喇列島 : 絶海の島々の豊かな暮らし

斎藤潤 著

吐〓喇(とから)列島は、屋久島と奄美大島の間南北百数十キロに連なる七つの有人島と五つの無人島からなる一つの自治体で、十島村という。日本で一番細長い村だ。昭和二一年二月米軍政下におかれるまでジットウソンと呼ばれていたが、北緯三〇度線以北の現三島村(黒島、硫黄島、竹島)が独立し、昭和二七年二月の日本復帰以降はトシマムラと呼ばれるようになった。広大な荒海七島灘に散らばる七つの島に住む人々は、合わせて六二五人。しかし、わずかこれだけの人たちが保持している伝統文化、多様な民俗、そして生活の知恵は、計り知れない。廃れた習慣や知恵も膨大なのだが、それでも都会暮らしをする人間にはとても豊かに見える。モノやカネでは計れない島のココロ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 口之島-登録牛をふやして島に若者を呼び戻したい
  • 口之島-「ところ牛」との付き合い方
  • 中之島-噴煙を上げる離島の最高峰御岳へ
  • 中之島-数々の潜在資源を活かす手はないのだろうか
  • 全国最強温泉列島-鄙びた出で湯よりどりみどり
  • 臥蛇島-長い歴史を断ち切って三十余年
  • 平島-神秘的な森と水田が共存する
  • 諏訪之瀬島-移住三代、あふれるフロンティア精神
  • 一島一国-孤島・小島の社会基盤
  • 悪石島-時の移ろいを感じながら巡る島の魅力〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吐カ喇列島 : 絶海の島々の豊かな暮らし
著作者等 斎藤 潤
書名ヨミ トカラ レットウ : ゼッカイ ノ シマジマ ノ ユタカナ クラシ
書名別名 Tokara retto
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2008.8
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03468-9
NCID BA87004740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468956
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想