生きられる歴史的世界 : ディルタイ哲学のヴィジョン

塚本正明 著

精神的な生の世界としての"歴史的世界"の構造・発展・作用のダイナミズムを、ディルタイは概念的に究明すべく繊細な思索努力を積み重ねた-その軌跡と論理をたどり、「生きられる歴史的世界」のアクチュアリティと歴史的自己省察の可能性を「解釈学的理性批判」の視座から追究して、未完成交響曲でありオープン・システムであるディルタイ哲学の全体像を、明確なヴィジョンへと構築し直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歴史の基底としての人間的生
  • 第2章 歴史的ダイナミズムとして現象する人間的生
  • 第3章 「表現」として現象する人間的生
  • 第4章 歴史的世界の認識
  • 第5章 人間的生の世界のカテゴリー論
  • 第6章 「自己省察」としての哲学
  • 第7章 歴史的世界の哲学的アポリア
  • 終章 生きられる歴史的世界のヴィジョン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きられる歴史的世界 : ディルタイ哲学のヴィジョン
著作者等 塚本 正明
書名ヨミ イキラレル レキシテキ セカイ : ディルタイ テツガク ノ ヴィジョン
書名別名 Ikirareru rekishiteki sekai
シリーズ名 《思想・多島海》シリーズ 11
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.8
ページ数 288, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-10011-6
NCID BA86981055
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想