「垣間見」る源氏物語 : 紫式部の手法を解析する

吉海直人 著

「垣間見」は、男女の恋の展開だけに有効だったのか?幻想の垣間見論を突き崩す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「垣間見」の総合分析
  • 「垣間見」の始原探求
  • 『伊勢物語』の「垣間見」
  • 空蝉・軒端の荻の「垣間見」
  • 夕顔巻の相互「垣間見」
  • 若紫巻の「垣間見」
  • 夕霧の六条院「垣間見」
  • 柏木の女三の宮「垣間見」
  • 「垣間見」る薫
  • 匂宮の浮舟「垣間見」
  • 「あらは」考
  • 「かうばし」考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「垣間見」る源氏物語 : 紫式部の手法を解析する
著作者等 吉海 直人
書名ヨミ カイマミル ゲンジ モノガタリ : ムラサキ シキブ ノ シュホウ オ カイセキスル
書名別名 Kaimamiru genji monogatari
シリーズ名 源氏物語
出版元 笠間書院
刊行年月 2008.7
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-305-70387-3
NCID BA86943409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21469388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想