ハプスブルク家12の物語 : 名画で読み解く

中野京子 著

スイスの一豪族から大出世、列強のパワーバランスによって偶然ころがりこんだ神聖ローマ帝国皇帝の地位をバネに、以後、約六五〇年にわたり王朝として長命を保ったハプスブルク家。常にヨーロッパ史の中心に身を置きながら、歴史の荒波に翻弄され、その家系を生きる人間たちの運命は激しく揺さぶられ続けた。血の争いに明け暮れた皇帝、一途に愛を貫いた王妃、政治を顧みず錬金術にはまった王、母に見捨てられた英雄の息子、そして異国の地でギロチンにかけられた王妃-。過酷な運命と立ち向かい、また定めのまま従容と散っていったヒーロー、ヒロインたちは、どこまでも魅力的。彼らを描いた名画に寄り沿い、その波瀾万丈の物語をつむぐ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アルブレヒト・デューラー『マクシミリアン一世』
  • フランシスコ・プラディーリャ『狂女フアナ』
  • ティツィアーノ・ヴィチェリオ『カール五世騎馬像』
  • ティツィアーノ・ヴィチェリオ『軍服姿のフェリペ皇太子』
  • エル・グレコ『オルガス伯の埋葬』
  • ディエゴ・ベラスケス『ラス・メニーナス』
  • ジュゼッペ・アルチンボルド『ウェルトゥムヌスとしてのルドルフ二世』
  • アドルフ・メンツェル『フリードリヒ大王のフルート・コンサート』
  • エリザベート・ヴィジェ=ルブラン『マリー・アントワネットと子どもたち』
  • トーマス・ローレンス『ローマ王(ライヒシュタット公)』
  • フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター『エリザベート皇后』
  • エドゥアール・マネ『マクシミリアンの処刑』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハプスブルク家12の物語 : 名画で読み解く
著作者等 中野 京子
書名ヨミ ハプスブルクケ 12 ノ モノガタリ : メイガ デ ヨミトク
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2008.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03469-6
NCID BA86906570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21468957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想