心に狂いが生じるとき

岩波明 著

突然訪れたかに見える、精神の変調。そこには日常に潜む、誰もが見落とす「きっかけ」が-。人はどのようにして「心の病」に罹患するのか?狂気への淡い境界を越えるとき、身体には何ごとが起きるのか?「うつ」「アルコール依存」から「アスペルガー障害」「統合失調症」まで、重度へと陥った具体例を数多く提示、自分だけは大丈夫だと錯覚している人たちに警鐘を鳴らす。臨床経験豊富な現役医師が詳細に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 依存の果て
  • 第2章 架空の敵
  • 第3章 罪なき殺人者
  • 第4章 摂食障害というゲーム
  • 第5章 無垢な逸脱
  • 第6章 器質性精神病
  • 第7章 精神鑑定の嘘
  • 第8章 うつ病の不都合な真実
  • 第9章 アナンカスト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心に狂いが生じるとき
著作者等 岩波 明
書名ヨミ ココロ ニ クルイ ガ ショウジル トキ : セイシンカイ ノ ショウレイ ホウコク
書名別名 精神科医の症例報告

Kokoro ni kurui ga shojiru toki
出版元 新潮社
刊行年月 2008.8
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-470103-2
NCID BA86902026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21473744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想