偶然を生きる思想 : 「日本の情」と「西洋の理」

野内良三 著

人生に起こる不意の出来事、たまさかの出会いに対して、私たちはどのような態度をとり、かかわるべきか。真理は必然にのみ宿ると考えたプラトン以来の西洋の論理は、常なるものを求めるゴーチエなど西洋文学にまで貫流する。一方、芭蕉俳句・随筆など日本の伝統的な芸術表現には、偶然を「無常」として甘受する感性が溢れている。日欧の対比をふまえ、偶然の愛を必然に高めたボーヴォワールや西洋哲学の理と日本の情の間で偶然の意味を考えた九鬼周造の思考と生き様を追いながら、偶然を育む道筋を探る珠玉の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 無常の日本美
  • 第2章 分けるという方法
  • 第3章 日本語の論理とはなにか
  • 第4章 偶然の哲学史
  • 第5章 九鬼周造の偶然論
  • 第6章 必然の愛を求めて
  • 第7章 ボーヴォワールとサルトル
  • 第8章 偶然と必然

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偶然を生きる思想 : 「日本の情」と「西洋の理」
著作者等 野内 良三
書名ヨミ グウゼン オ イキル シソウ : ニホン ノ ジョウ ト セイヨウ ノ リ
書名別名 Guzen o ikiru shiso
シリーズ名 NHKブックス 1118
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.8
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091118-1
NCID BA86895565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21475656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想