万葉集を読む

古橋信孝 編

日本に現存する最古の歌集、万葉集。収載歌の数かずを、歴史研究者と文学研究者が縦横無尽に語り合う。また東アジア世界との関わりや、後世に与えた影響にも触れ、律令国家が確立していく時代の「人々の関心」を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 万葉集とその時代
  • 1 万葉集の歴史(前期-古代天皇制の確立期
  • 中期-都市文化の成立
  • 後期-国家と仏教)
  • 2 外国文化と万葉集(遣唐使と文物の移入
  • 道教・神仙思想と仏教)
  • 3 万葉集以後(文字-仮名の発現
  • その後の万葉集-源実朝を例にして)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉集を読む
著作者等 古橋 信孝
書名ヨミ マンヨウシュウ オ ヨム
シリーズ名 万葉集
歴史と古典
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.9
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07153-6
NCID BA86889540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21471630
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想